栃木県ラグビーフットボール協会

Tochigi Rugby Football Union

ABOUT

協会挨拶

会長メッセージ

いよいよ『ラグビーW杯2019日本大会』が9月20日から11月2日までの40日間に亘り、全国12都市で開催されます。


日本代表は、前回2015イングランド大会の南アフリカ戦で「スポーツ史上最大の番狂わせ」を演じ、世界のラグビー関係者に衝撃を与えました。


ラグビーは走る格闘技と言われ、心身ともに鍛えた強靭な肉体と精神、そして何よりも勝利を目指してチームワークが最も重視されるスポーツでもあります。


今大会はベスト8以上進出を目標に掲げて、さななる強化と合宿を進めています。


本県から、日本代表候補選手に、田村 優(国学院栃木高出身)が選出され、活躍が大いに期待されています。また、大会組織委員会財務担当理事に小林 健彦氏(宇都宮高OB)が運営スタッフとして奮闘され、後方支援で頑張っております。本県ラグビー界の誇りでもあり、頼もしく感じています。


今大会はアジアで初めて開催されることから、日本国内はもとより海外からも大勢のラグビーファミリーが訪日され、多くの期待が寄せられております。大会成功のためにも、関係者一丸となり、おもてなしの心で迎えていただきたいと思います。


結びにW杯を契機に、本県ラグビーが益々隆盛を極め、子供達もラグビーの素晴らしさ、魅力、そして感動を味わっていただければ幸いに思います。


令和元年6月15日


栃木県ラグビーフットボール協会

会長 吉羽 茂

Page top

close

栃木県ラグビーフットボール協会

Tochigi Rugby Football Union